サラリーマン層でも手が届くようになった軽井沢の別荘

サイトマップ

石造りの家
テラス

別荘のイメージと現実的な選び方と理想の過ごし方

「別荘を買おう」となったとき、ほとんどの人が何かしらの希望や条件を持っていると思われます。その条件に合うかというのはとても大切です。しかし、それだけでは不十分です。では、他に何が外せないのか。まず、1つ目は交通についてです。緊急事態が起こった場合に全く交通手段がなかったり、道が悪かったりといったことがあったら大変です。購入する際にこの点はしっかりと考慮する必要があります。2つ目は、別荘周辺の状況です。別荘で過ごすのに必要な食料や日用品を購入できるスーパーや商店があるのかとい…

別荘を購入してリゾート気分を満喫しよう

家を買うイメージ

古くからリゾート地として人気のある軽井沢には、魅力的な別荘が数多くあります。特に軽井沢の中心部から離れた地域は自然にも恵まれており、落ち着いた環境で休日を過ごしたい人にも適しています。人気のある別荘の価格は3000万円前後であり、特に300坪以上の敷地がある広々とした物件が注目されています。
夏の気候が冷涼で過ごしやすいために、シニア層が軽井沢で永住用の別荘を購入する動きも活発です。中古の別荘の中でも特に築年数が浅い物件は、維持管理コストが割安なので、高齢者の住まいとしても適しています。周辺にはゴルフ場やテニスコートなどもあるので、軽井沢に移り住むとスポーツを楽しみながら健康的に暮らすこともできます。
しかしリーズナブルな価格帯の別荘は、サラリーマン層でも購入しやすいです。育ち盛りの子供がいるサラリーマン世帯の場合には、夏休みの避暑を目的に2000万円程度の物件を選ぶ傾向が強いです。新幹線で都心まで気軽にアクセスできるために、週末に軽井沢で過ごして月曜日の早朝に別荘からオフィスに通うことも可能です。また別荘の広々とした庭を活用してバーベキューをするなど、様々な方法で人生を楽しむことができます。

軽井沢にお手ごろな価格帯の別荘を購入するためのポイント

もしも、忙しい毎日に癒しきれない疲れを感じているならば軽井沢に別荘を購入して、夏休みなどの長期休暇の折にゆったりと流れる時間を過ごしても手はいかがでしょうか。軽井沢は古くから避暑地として人気のある土地柄ですが、そこに別荘を購入するのは別に富裕層だけに許された贅沢ではありません。
もちろん、軽井沢には一般の方では手の出しにくい超高級な別荘もたくさんありますが、そのような物件のほかにも比較的手ごろな価格帯のものも多数販売されており決して軽井沢に別荘を購入するのは高根の花でも叶わない夢でもありません。地元の不動産屋さんと懇意にしておけばきっと自分の予算に見合った別荘が見つかるはずです。
ただし、そのようなお手ごろな別荘に関しては売りに出されているという情報を入手するのは意外と難関で、場合によっては自分の予算の範囲内で購入できる別荘を見つけたとしてもすでに買い手が決まってしまっているという残念な結果になってしまうことも少なくはありません。そのため、軽井沢の別荘を購入しようと検討中の人の場合には、お手ごろな価格帯の別荘を買いそびれてしまわぬように普段から気をつけて販売されている別荘についての最新の情報を入手することが大事です。

別荘を購入する時は管理費も視野に入れよう

人生で一番大きな買い物と言えば住宅購入ですよね。ではマイホームを持つという夢が叶ったら次は別荘の購入を考えてみてはいかがでしょうか。ひと昔前なら別荘はお金持ちの所有する物といったイメージもありましたが、現在は土地の価格も下がり、ずいぶん購入しやすいものとなっています。たまの休暇に利用するだけでなく、いずれは定住することを視野に入れて購入するのも良いですし、別荘一つで色々夢は広がります。また近年、定年退職を迎えたタイミングで別荘を購入する方も増えています。セカンドライフを自然豊かな土地でゆったりと暮らすのも良いですよね。
では別荘購入にはどれくらいの予算が必要なのでしょうか。それは場所によっても変わってきますが、軽井沢など人気のエリアでおよそ2千万円から5千万円が相場となります。また軽井沢から少し離れますが北軽井沢になると1千万円台、あるいはそれ以下の別荘もありますし、中古物件であればさらに手頃な価格で購入できます。
ただしあまりに不便な場所だと利用するのも大変ですし、かえって維持費や管理費で高くついてしまう可能性もあります。したがって別荘の購入にはその後の管理費も含めて、予算に見合った場所を選ぶようにしましょう。

現在も人気の別荘地である軽井沢の開発の歴史

軽井沢は現在も人気の別荘地として有名です。それは過去の成功に囚われず、様々な活動を通してその人気を維持する努力を行っているからです。軽井沢は新幹線の停車駅として整備された後、目抜き通りとなる旧軽通りの反対側も別荘の環境に配慮した商業施設を誘致し旧軽通り以外の繁華街を生み出しましたし、軽井沢発の旅館が日本を代表するリゾート開発グループに成長してそのお膝元で環境に配慮したリゾート整備を行っているというのもその理由です。 このほかコンビニエンスストアが全国展開を行い始めた最初期から店舗の配色を規制する条例を打ち出したり、分譲の制限やマンションの建設禁止などを現在も継続して維持しているという点も人気を保っている秘訣と言えるのです。このほか道路も西洋の保養地を思わせるような高品質なものにする努力や、保養地や商業施設から得られる比較的潤沢な予算を背景に、景観保全や都市整備を積極的に継続して行っているということも、高級な保養地としてのブランドを維持できている秘訣と言えるのです。 また、東京からも新幹線で一時間程度とかなり近いことから、東京のトレンドを軽井沢に持ち込むことによって洗練されたものを積極的に取り込んでいるということも現在の別荘のブランド力が維持できている理由です。

Contents